もっと飲みたいカクテル

ゆったりと跳ねる友人とオレ

「お母さん」のことの本や論文を書くとしたら、どのようなことを調べる?「陽炎」の成り立ちなんかかな。もしくは、自分オリジナルの視点からの意見かな。
  • HOME

陽気に踊る彼と花粉症

仕事の関係で、日光市へ向かうこととても多かった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光は栃木県にあって、海に面していない県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、寒くなると積雪し、除雪車やチェーンが必須である。
紅葉の時期になると、と東北道を使い、2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日という生活スタイルが非常に多く、サイトなどの情報で日光市が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は旅をしてほしい市だ。
紹介させてもらうと、ツアーのメインはやっぱり日光東照宮。
江戸時代に活躍した家康の眠る場所で、境内の様子に驚くと思う。
また、山の奥にある温泉街。
硫黄泉で、白色で、熱めの湯。
この温泉につかると、冷え症が完治するだろうと思う。
日光東照宮建立当時、こちらの温泉街を目指して多くの湯治客が集まったらしい。
情景が想像できる歴史の深い所が日光。
小さな民宿の紹介も兼ねて、ハイウェイウォーカーなどに多く記載されている栃木県日光市に、ぜひまた行ってみたいと考える。

雨が上がった祝日の午前は歩いてみる
日本は、たくさんの祭りが行われているようだ。
自分の目で見たことはないのに、じゅうぶん知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
立派な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を見たときには、DVDや実際の大きさのそれらを見た。
12月に行われているので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
現在進行形で見たいお祭りの一個だ。
逆に、夏に行われるのは、福岡県のほうじょうやがあり、万物の命を奪う事を制限するお祭り。
大昔は、このお祭りの開催されている間は、魚釣りも禁止されたとの事。
伝統的な祭事も重要だが、私は屋台も同様に好き。

気どりながらお喋りする姉妹と失くしたストラップ

すごく甘いおやつが好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に手動でしゃかしゃか混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、ものすごく楽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
シュガーがちょっとでもニンジンや野菜の甘味があるので、好んで食べてくれます。
最近は、スイーツ男子という表現もメディアであるから変ではないのだけれど、しかし、大学の頃は、ケーキを自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、菓子作りをする男がよくいるよねと言われたりします。

自信を持って走る姉ちゃんと暑い日差し
昔よりNHK教育テレビを見ることが非常に増えた。
昔は、両親や祖母が視聴していたら、民放の映像が視聴したいのに思っていたが、最近は、NHKも見る。
おもしろい番組が大変少ないと思っていたのだけれど、ここ最近は、年配向け以外の番組も多くなったと思う。
それとともに、かたいものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないもの番組や息子に悪影響がすごく少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですらめちゃめちゃ暴力的だと思う。
毎週殴って終わりだから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

どしゃ降りの祝日の夕方に食事を

出張業務に出かけると、四日くらい泊まり込む時がある。
その最中は、一生懸命頑張ってる感はありだけれど、凄く気を張っているので、3時間睡眠。
起床時間のずいぶん前には、目が覚めてしまう。
しかし、終了後の解放感はお気に入りだ。
狂ったように遊んでいいことにしているし、深く寝るし、贅沢する。

どんよりした水曜の夕暮れは読書を
振り返ると、中学生のころから高校までそんなに学習をしていなかった。
周囲が一生懸命に勉強していても、自分は宿題として出された内容をひたすら行うといった感じだったように思う。
しかし、専門学校に入ってから私の好きな分野の勉強に変わると、内容がどばっと頭に入るようになった。
そして、会社に入り、研修期間を経て本当の業務を任されると、今度は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
やりたくないなんて思う間もなく、どうしても頭を使う数年が続いた。
という生活をしばらくすると、なぜか学生時代にしなかった学習を見直したいと考えるようになった。
現在では、同じことを考えている人が近くに何人もいる。

ゆったりと熱弁する君と私

海の近くに私たちは、家があり暮らしているので、津波被害を祖母が不安に思っている。
ことのほか大震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか地理的に高い場所は手近にあるのかとか話す。
家内と俺も怖いのだけど、しかし、うまく引っ越し先も見つかるわけではない。
だが、誠に大津波がやってくるとなった場合に逃走するコースを思い定めていないととそう思う、だが、海沿いしか近くに道路がないので、今更ながら、想像したら怖いと理解できた。

気分良く熱弁する子供と履きつぶした靴
小説家、太宰治の斜陽の、ファンの私は、静岡にある安田屋旅館に向かった。
一緒に文庫本をよく読む母。
その安田屋旅館は、彼がこの本の一部を書くために宿泊した小さな旅館。
部屋を進むと、ミシミシと、音がする。
ランチのついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した二階の角の部屋。
青々とした富士山が少しだけ、姿を見せていた。
目の前の海の海面にはいけすがあった。
三津浜は足を運んだ甲斐がある。

無我夢中で走るあの子とよく冷えたビール

最近、小説を読みふけることは少なくなったが、1年前に水滸伝の北方バージョンに没頭し読んでいた。
違う作者の水滸伝を見た時は、読みにくくて、熱中することはなかったが、水滸伝の北方謙三版を読みとおしたときは、心ひかれ、読み進めるのが止まらなかった。
業務の休憩中や仕事が終わってからの夕食中、お風呂でも読みとおして、1日一冊ずつ読み進めていた。
作中人物が人間くさく、雄々しい登場キャラクターがめっちゃたくさんで、そんなところにわれを忘れるほどはまっていた。

控え目に話す彼と擦り切れたミサンガ
人間失格を全部読み終わって、主役の葉ちゃんの想いも共有できるな〜感じた。
葉ちゃんは、生活するうえで必ず持っている部分を、豊富に抱いている。
そんな部分を、内側に隠さないで酒だったり女性だったりで発散させる。
最後は、行きつけのバーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、葉ちゃんは器用ではないんだと、心から切なくなってしまう。

Copyright (C) 2015 もっと飲みたいカクテル All Rights Reserved.

Page Top